NJ

日本語ジャーナル:日本語を「知る」「教える」

グローバル化時代を担う人材の育成をめざす_日本大学大学院文学研究科

東京都世田谷区

nihon_u

日本の文化・ことばを教え、世界のかけ橋となる「日本語教師」になりたい!
そんな夢をかなえるための特集「厳選!日本語教師養成講座」より、日本大学大学院文学研究科をご紹介いたします。(2021年4月1日更新
 

入学前の見学
国内実習
海外実習
給付金対象講座
就職相談・指導
修了生の採用

学校の特徴

・日本大学文理学部は、人文系・社会系・理学系の18学科を有し、「文」と「理」を横断・融合した教育・研究を行っています。
・大学院文学研究科は、文理学部の人文・社会系学科を母体とし、博士前期課程(2年制)9専攻、後期課程(3年制)10専攻からなります。
・国文学専攻に設置された「日本語教育コース」は、文学研究科だけでなく、理工学研究科(地理学)・総合基礎科学研究科の学生も参加して、日本語教育の知識とスキルを身に付けられます。

学校からのメッセージ

グローバル化が進む中、日本はますます多くの人材を受け入れ、新たな多文化共生社会へと生まれ変わろうとしています。企業でも多様な人材育成の鍵として日本語教育の知識・スキルが重視されています。私たちは、日本語や日本文化に強い関心を持つ留学生と、自らの言語と文化に自覚的であろうとする日本人学生が積極的に交流する場を提供します。ぜひ「しなやかな感性としたたかな知性」を身に付けて世界へ羽ばたいてください。

担当者からのメッセージ

 

田中 ゆかり 教授
言語を通して社会や時代を読み解く楽しさを、国内外から文理学部キャンパスに集うみなさんと共有したいと思っています。そのことを通じ、多様化・情報化社会を生きるわたしたちに必要な知識・スキルを提供するのと同時に、教職員・学生を問わず相互に学び合う研究教育機関であることをめざします。(撮影:浅野カズヤ)

〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
TEL:03-5317-9388   FAX:03-5317-9444
E-mail:chs.grec@nihon-u.ac.jp

※以下の授業料は支払い総額です。

コース(課程)紹介

修士課程「日本語教育コース」

  • 基礎から学ぶ
  •  
  • アカデミックに学ぶ
入学時期 4月
受講期間 2年間
授業回数
授業時間
入学金 200,000円
授業料 770,000円(施設設備資金等を含む))
備考

・「基礎コース」と「応用コース」があり、専門職として本格的に日本語教師をめざす人はもちろん、他の専門を深めながら日本語教育の知識とスキルを獲得したい人も歓迎します。
・指定の科目群から所定の単位を履修すると、大学院から「基礎コース」または「応用コース」の修了証明書が発行されます。(指定の科目群を修了要件単位に含めることができるかどうかは専攻により異なるので、事前の確認が必要です。)
・協定校などでの海外日本語教育実習のほか、本学に在籍する日本語初級レベルの学生や交換留学生などを対象とした国内日本語教育実習を実施しています。
・国文学専攻では、「日本語教育コース」所属の教員が指導教員となり、日本語教育をテーマとした修士論文などを執筆することができます。
・ 本コースは、2021年度「日本語教育人材養成・研修カリキュラム等開発事業」(文化庁)に採択されています。

その他

就職指導

・就職サポートセンターが、院生就職ガイダンス、公務員試験対策講座、優良企業・公務員合同研究会などを開催。
・専門のキャリアカウンセラーが、就職相談、面接練習、履歴書添削などに個別に対応。大学指定の履歴書も無料で配布。
・学内外で行われる就職ガイダンスなどの情報も提供。
・求人票、就活体験記、履歴書、エントリーシート、関連書籍などの閲覧もできます。
・大学院修了後も就職活動をする人には継続してサポート。

イベント情報

本学の外国語教育部門と連携しながら、各言語のラウンジ(英語・中国語・韓国語)やランゲージ・エクスチェンジ、外国人留学生交流会、留学生研修旅行などのイベントを実施しています。